令和3年9月24日(金)天気: 晴れ  第3公 園 参加人数:40名  リーダー: 佐藤 彰男

今日は、しばらくぶりに地域いきいきセンターの漆原千晶さんにゲスト来場して頂き皆で拍手をもって迎え、間もなく着任半年になり益々高齢化が進む富勢地区のサポートをよろしくお願いしました。(毎週、火・水・金に近隣センターにおられます。水曜日は前任の小野歩さんも来ています)

ところで今週20日(月)は敬老の日。超高齢化社会では祝ってくれる人も無いとタカをくくっていたところ思いがけず歳廻りとかで連れ合いと2人分の長寿祝いを持って民生委員さんが訪ねて来て下さり恐縮&感謝です。そこで今日の音楽ですが老いに関るものを手持ちのCDから探したのですがありません。

改めて気付くのは大作曲家には短命の人が多いこと。その代表選手である我が愛するモーツアルトは30代の半ばで既に老境! 最後の輝き、そして枯淡の味わいの深いクラリネット協奏曲(K622)を選びました。先年逝った私の盟友M君が最後の日まで毎日聴いていたと言う曲でもあります。

そして冒頭は“老い”の繋がりで  しばらくぶりの「長生きサンバ」です。「準備体操としては ややハード過ぎる!」と言う声を複数名から頂きましたので「所作は自分のペースで!= 手をグルグルや舟漕ぎは半分程度でいいです・・・」と伝えて始めました。皆さん何とか楽しんで頂けましたかね(?!)

あとは、いつもどおりの4種目です。今回も良く声が出ていることを再度、褒めておきました。


			

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。